文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

沿革

沿革

 

1938.10 東京市芝区に東京ラヂエーター製造株式会社設立創立当時の品川工場
1941.10 川崎工場完成昭和16年当時の川崎工場
1957.07 燃料タンク生産開始
1961.10 東京証券取引所市場第2部に上場
1963.06 日本初のトラック用コルゲートタイプラジエータを生産開始
1964.05 「トーキョーサブタンク」発売トーキョー・サブタンク(150l)トーキョー・サブタンク(300l)
1964.11 資本金を5億4000万円に増資
1965.01 藤沢工場完成藤沢工場全景(昭和40年)
1969.11 タイラジエーター製造㈱(タイ)への技術援助に関する契約締結
1973.01 鹿沼工場完成第1期工事完了の鹿沼工場
1979.04 C.V.オートディーゼルラジエーター社(インドネシア)(現P.T.スラマトサンプルナ社)
への技術援助に関する契約締結
1980.08 世界初のシンフィン1列ラジエータ量産開始シンフィンラジエータ
1980.11 アルミ製熱交換器量産開始
1983.04 藤沢工場に600トンタンデムプレスライン導入
1986.06 東神物流株式会社(現㈱トーシンテクノ)設立
1989.05 川崎工場生産終了し藤沢工場へ集約新事務所(2階)と工場棟大型ラジエータ設備
1990.03 HLフィンオイルクーラ量産開始
1990.03 NHFフィンカーヒーターコア量産開始
1991.11 マスターラジエーター社(マレーシア)への技術援助に関する契約締結
1991.12 業務ビル「トークピア川崎」竣工、不動産賃貸事業開始
1993.04 NHFフィンラジエータ量産開始
1993.08 スタックドタイプH/Lフィン量産開始
1994.08 アルミラジエータ量産開始
1994.08 ㈱トークピアサービス設立
1994.11 アセロコブレ社(チリ)への技術援助の関する契約締結
1994.12 カルソニック㈱(現カルソニックカンセイ㈱)からの技術援助に関する契約締結
1996.11 二次元ランダム振動試験装置導入
1996.12 瑞利企業股分有限公司(台湾)への技術援助に関する契約締結
1997.03 筆頭株主がいすゞ自動車㈱から
カルソニック㈱(現カルソニックカンセイ㈱)へ異動
1997.06 ISO9001認証取得
1997.12 アルミ燃料タンク量産開始
1999.06 重慶東京散熱器有限公司(中国)設立
1999.08 チューブタイプEGRクーラ量産開始
1999.09 鹿沼工場を閉鎖し藤沢工場へ集約
2000.03 エンジンベンチ導入
2000.07 本社を藤沢市に移転
2003.03 ISO14001認証取得
2003.12 QS9000認証取得
2004.03 無錫塔尓基熱交換器科技有限公司(中国)設立
2004.04 ㈱トークピアサービスを吸収合併
2004.05 第三者割当による新株発行(引受先カルソニックカンセイ㈱)を行い
資本金を13億1760万円に増資
2004.10 ステンレス製SCRタンク量産開始
2005.09 産建機用クーリングモジュール量産開始
2006.01 本社・開発棟完成
2006.06 インナーフィンタイプEGRクーラ量産開始
2006.08 ISO9001:2000、ISO ⁄ TS16949:2002 認証取得
2007.03 業務ビル「トークピア川崎」土地・建物を売却し、製造事業に特化
2010.01 樹脂製SCRタンク量産開始
2012.04 PT.TOKYO RADIATOR SELAMAT SEMPURUNA(インドネシア)設立
2013.04 TR Asia CO.,LTD.(タイ)設立
2013.05 ガソリンエンジン用EGRクーラ量産開始
2013.08 小型ディーゼルエンジン用EGRクーラ量産開始

PAGETOP