文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

CSR情報

環境への取組み

環境方針

東京ラヂエーター製造は、企業活動の全段階において地球環境の保護が人類共通の重要課題の一つであることを認識し、環境に配慮したモノづくりを行うことで、持続可能な社会の実現を目指します。そのために、以下の取組みを行います。

1) コンプライアンス・社会的要求・コーポレートビジョンに基づき、年度計画を定め、環境目標の達成に向けて活動します。
2) 環境パフォーマンス向上のため、環境マネジメントシステムを継続的に改善します。
3) 製品の設計、製造、サービスの各段階において、ライフサイクルの視点から環境への影響を考慮し、有害物質を含まない環境配慮型製品の開発を推進します。
4) 環境リスクの低減活動により、汚染の予防を図るとともに、企業活動で発生する環境の負荷を低減します。
5) 環境に関する法令、条例、協定及びその他の要求事項を順守し、自主基準を定めて環境保全に取り組みます。
6) 化学物質等の環境負荷物質の使用量、排出量を削減すると共に、適切な代替品への変更を進めます。
7) 地域環境を守るため、生物多様性と生態系の保護に取り組みます。
8) 5Rを推進し、廃棄物を削減します。
9) 気候変動への影響緩和のため、温室効果ガス(CO2等)の削減に取り組みます。
10) 広報活動を通じたステークホルダーとのコミニケーションおよび地域や政府・自治体との環境保護に関わる連携・協力を推進します。
11) サプライチェーン全体での環境負荷の低減に向けて、関連会社をはじめお客様やお取引先との連携・協力関係を構築していきます。また、関連する法律や規制を順守することを要請します。

2022年4月1日改定
東京ラヂエーター製造株式会社
環境管理統括責任者
仁科 芳夫

取り組み状況

製品開発における取組み

1) 環境対応製品の開発
自動車の燃費向上と排出ガスクリーン化の両立という世界的ニーズに対応した熱交換器(EGRクーラー)を開発し、トラック用から乗用車用まで大小さまざまな製品を世界のカーメーカーに供給しています。
2) 製品の軽量化とリサイクルへの配慮
トラックに搭載するラジエーター、燃料タンクをアルミ化することで軽量化とリサイクル性に配慮した開発を進めています。
3) 環境負荷物質低減
世界中の国や地域の規制に対応できるよう製品の環境負荷物質低減に取り組んでいます。

生産活動における取組み

1) CO2排出量削減
工場における生産ラインの効率化、使用エネルギー量の可視化などを行い、CO2排出量の削減をはかっています。
2) 化学物質削減
生産工程の見直し等を行い、製造時の化学物質使用量の削減を進めています。

生物多様性保全の取組み

藤沢市生物多様性地域戦略に基づき、工場敷地内の緑地の保全と水辺環境(ビオトープ)創出を行い、多様な生きものが生息・生育する空間づくりに取り組んでいます。

環境データ

藤沢工場の環境データ2021年度
大気及び水質の主な指標に関する代表的な排出状況は次の通りです。

【 大気 】
項目 設備 規制値 工場管理値 測定実績 備考
NOx(ppm)
ボイラー 60 48 28 No1
60 48 28 No2
60 48 28 No3
金属加熱炉 180 144 10未満 No3
180 144 10未満 No5
ばいじん(g/Nm3)
ボイラー 0.3 0.24 0.001未満 No1
0.3 0.24 0.001未満 No2
0.3 0.24 0.001未満 No3
金属加熱炉 0.2 0.16 0.001未満 No3
0.2 0.16 0.001未満 No5
SOx(Nm3/h)
金属加熱炉 0.071 0.057 0.001未満 No3
0.071 0.057 0.002未満 No5
【 水質 】
項目 規制値 工場管理値 測定実績
最大 最小 平均値
pH 5.8~8.6 6.1~8.3 7.6 7.2 7.4
COD(mg/L) 60以下 50以下 31.6 3.5 15.7
BOD(mg/L) 60以下 50以下 48.0 6.9 21.2
SS(mg/L) 90以下 75以下 5.2 1.0未満 3.4
油分含有量(mg/L) 5以下 4以下 2.7 0.9 1.7
亜鉛含有量(mg/L) 2以下 1.6以下 0.2 0.01未満 0.01未満
鉛含有量(mg/L) 0.1以下 0.08以下 0.01未満 0.01未満 0.01未満
フッ素含有量(mg/L) 8以下 6以下 0.3 0.2未満 0.2

環境マネジメントシステム

TRSでは事業活動に伴い生じる環境負荷・汚染リスクの低減、法令順守を確実なもとするため、ISO14001環境マネジメントシステムを全社で導入し管理状態の維持・改善をすすめています。毎年外部認証機関の審査を受けマネジメントサイクルが有効に機能していることが認められることで認定証が発行されます。

◆ISO14001認証取得状況

東京ラヂエーター製造株式会社および株式会社トーシンテクノ 2003年3月 取得

無錫塔尓基熱交換器科技有限公司(中国)2007年12月 取得

重慶東京散熱器有限公司(中国)2009年12月 取得

PAGETOP