文字サイズ
  • 文字サイズ:小
  • 文字サイズ:中
  • 文字サイズ:大

製品の豆知識

製品の豆知識

ラジエータとインタークーラ

役割と特徴

ラジエータはエンジンの冷却を行う熱交換器の一つです。エンジンは、稼働すると発熱し高温になります。高温のまま稼働し続けると、いずれはオーバーヒートしてしまい、最悪の場合、エンジンが壊れてしまいます。エンジンがオーバーヒートしないように冷却をする役割を担っているのがラジエータです。ラジエータには冷却水(LLC)が入っており、その冷却水によってエンジンが冷やされます。ラジエータは、エンジン内で熱せられた冷却水の熱を空気中に放熱し適温を維持します。

インタークーラは、過給器(ターボチャージャ)によって圧縮され高温となった空気を冷却するための熱交換器です。過給器にて圧縮され高密度となった空気は、温度が上がると熱膨張により密度が薄くなってしまいます。特に気温が高い時期は充填効率が下がってしまい、常に安定した充填効率を得るために、空気を冷却します。
インタークーラには、空冷式と、サブラジエータが併設された水冷式の2種類があり、車両のエンジンレイアウトなどによって使い分けられています。

排ガス規制対応や更なる燃費向上の為に、ラジエータとインタークーラは性能アップが求められてます。

当社は製品の単体性能向上と並行して、冷却システム全体を見据えた性能開発を行っております。

熱交換器の配置

EGR COOLER

EGR(Exhaust Gas Recirculation)は、ディーゼルエンジンの排気ガスの一部を吸入空気と混合させることにより、酸素量を減らし燃焼温度を低下させて、排気ガス中のNOxを低減させます。EGRクーラは排気ガスを効率良く冷却し、EGR量増加、燃焼温度を低下させることにより、更なるNOx低減を目的に装着されます。

また、ガソリンエンジンにおいてもポンピングロスの低減やノッキング防止などによる燃費改善を目的に装着されます。

煤が堆積しにくいチューブ及びフィンと高耐食ろう材の採用で、高性能と高耐久信頼性を実現。長さ対応が容易で、搭載性の自由度が広く幅広いニーズに対応します。

排気ガス中のNOx低減に必要な製品を開発・提供することにより、環境保全と改善に努め社会に貢献します。

NOxとPMについて

NOx(ノックス)とは、窒素酸化物のことです。
物が燃えるときに空気中の酸素と窒素が化合してできます。通常、NOxというときは、NO(一酸化窒素)とNO2(二酸化窒素)を指します。このNO2は低濃度でも呼吸器系の病気を引き起こすので、環境基準が定められています。

PM(Particulate Matter)とは、粒子状物質のことです。
ガス化した軽油(燃料)と空気が均一に混ざれば、完全燃焼となり、高温の炭酸ガスと水蒸気が排ガスとして大気中に放出されます。しかし、これらが均一に混ざらない場合、不完全燃焼となり、黒煙(すす)と燃料成分が変化した油状の物質が発生します。油状の物質は黒煙に付着し、これら全体をPM(粒子状物質)と呼びます。この油状物質の中に肺ガンや花粉症を起こす成分が含まれていると言われています。

SCR TANK

SCRシステムの紹介(選択還元型NOx触媒システム)

ディーゼルエンジンから排出されるNOx(窒素酸化物)は高温・完全燃焼で発生しやすい性質もっていますがNOx(窒素酸化物)に尿素水を混ぜると無害な水と窒素に分解されるメカニズムを応用し触媒中に尿素水を噴射することでNOx(窒素酸化物)を大幅に低減させるシステムです。

燃料タンク

トラック用の燃料タンク搭載位置

乗用車の燃料タンクは、車体の中の見えないところに収まっていますが、トラックの場合は、フレームの外に置かれます。タンクの下側は荷台にも隠れず、むき出しになっている場合がほとんどです。

むき出しの燃料タンクは、直射日光や冷たい外気にさらされ、泥水がはねてかかったり、雪の多い地域では、道路の融雪剤がかかったりもします。燃料タンクは、それらに耐える『耐久性』を考えた材料(主に金属製)で、頑丈につくられています。

燃料タンクには、『耐久性』が必要な一方、燃費の向上や、積載量を増やすために、トラック自体の重量は、できるだけ軽くしたいという要望もあります。よって、燃料タンク自体は『耐久性』に優れ、かつ軽いものでなくてはならないのです。

PAGETOP